雑誌最新号

Journal of Aligner Orthodontics 日本版/2024年 No.3

顎関節症をともなう開咬患者にアライナー矯正治療を行った一症例

甘利佳之

2024年06月10日 A4変型判 

4,950円(税込)

クインテッセンス出版

マイリストに入れる

マイリストに登録しました。→ マイリストをみる

マイリスト登録件数を超えました

マイリスト登録エラー

レビューを書く

■定期購読のお申し込みは、こちら。

【JAO英語版から】
■誌説
本質を情報へと還元する
-----Werner Schupp

■症例報告
開咬ボーダーライン症例におけるディシジョン・メイキング:外科か非外科か
-----Geraldine Vigie du Cayla

■症例報告
アライナー矯正による開咬の改善
-----Julia Haubrich, Werner Schupp

【JAO日本語版オリジナルページ】
■症例報告
顎関節症をともなう開咬患者にアライナー矯正治療を行った一症例
-----甘利佳之

■症例報告
下顎両側第二乳臼歯を抜歯して第一・第二大臼歯を近心移動した一症例
-----斎藤秀也

■メソッドプレゼンテーション&症例報告
アライナー型矯正装置とスライディングメカニクスを併用した矯正歯科治療(後編)
-----山口修二

■知っておきたい歯科矯正学の基本の「き」<15>
エラスティックの基本 basic using of elastic
-----監修:岡藤範正