糖尿病プラクティス/2021年3-4月号

特集/糖尿病:社会的スティグマへのアドボカシー活動の現状

2021年03月15日 A4変型判 

2,970円(税込)

医歯薬出版

マイリストに入れる

マイリストに登録しました。→ マイリストをみる

マイリスト登録件数を超えました

マイリスト登録エラー

レビューを書く

■『糖尿病プラクティス』は、糖尿病に関心のある医療者向けの医学雑誌です。
■定期購読のお申し込みは、こちら。

■特集
糖尿病:社会的スティグマへのアドボカシー活動の現状
―糖尿病とともに無理なく不利なく暮らせるために―

(扉)糖尿病をもつ人への社会的スティグマに対するアドボカシー活動
-----山田祐一郎

1.世界における糖尿病のアドボカシーの現状
-----津村和大

2.「生活習慣病」というラベルの歴史と国内外の動向,そして功罪
-----橋本英樹

3.「糖尿病」という病名と糖尿病への偏見
-----庄嶋伸治・他

4.看護においてスティグマはどう考えられてきたか
-----黒江ゆり子

5.実臨床における糖尿病患者のもつスティグマ
-----田中永昭

6.Self-stigma(セルフスティグマ)が糖尿病療養に及ぼす影響
-----加藤明日香

■巻頭カラー
医師・医療スタッフが行く 全国病院・クリニック訪問
確固たる方針と柔軟な先進性で地域に新たな風を吹き込む
-----岡本医院 おかもと糖尿病・内分泌クリニック、取材/森田真智子